山西美容护肤价格联盟

护肤技巧丨冬季皮肤差,我们该如何保护它?

女人护肤助手 2020-01-13 14:16:44

1

忌频
繁洗澡


冬季洗浴忌太勤、忌水过烫、忌揉搓过重、忌沐浴液碱性太强,否则极易破坏皮肤表层原本不多的皮脂,让皮肤更为干燥,因而也更易发痒、皲裂。洗澡次数以每周1-2次为宜,洗浴后可擦些保湿品,防止皮肤表层干燥、脱落。冬の入浴忌が勤、忌水たパーマ、忌をこすって過重、忌に沐入浴剤アルカリ性が強すぎて、さもなくば容易に皮膚の表層にもともと破壊の皮脂が、より肌を乾燥させ、そこでも容易にかゆみ、あかぎれ。入浴回数は週1~2回で、入浴後は保湿品を拭くことができ、肌の表面が乾燥し、抜けないようにします。


2

注意
保暖防寒


冬季气温低下,皮肤裸露部位极易冻伤,如手部、头部、颈部等。其它如脚部也易受冻,因而应注意这些部位的防寒保温,可围围巾、戴手套、耳套、穿棉鞋等保暖。冬の気温が低下し、肌の露出が激しいので、手部、頭、首など。ほかにも寒さ脚やすいので、これらの部位の防寒保温に注意するべきで、マフラー、手袋、耳套、着て綿靴などの保温。


3

避免
使用劣质化妆品

来历不明,宣传有神奇功效的护肤化妆品常常含有激素、重金属、潜在致癌物,也是经常引起过敏的元凶。

粗悪
品の使用を避ける

正体不明で、不思議な効果のあるスキンケア化粧品は、常にホルモン、重金属、潜在的な発ガン物を含んでいる。


4

穿着
宜亲肤柔和


冬季应尽可能地选用纯棉、真丝之类不易产生静电的材质做内衣、内裤、衬衫等。冬は綿やシルクのように静電気が発生しにくい素材で下着、パンツ、シャツなどを可能にします。


5

进行
皮肤锻炼

加强皮肤的锻炼,增强皮肤的适应能力,以适应寒冷的环境。可进行空气浴、日光浴、按摩等,或坚持洗冷水脸,冷水擦身。皮膚の鍛錬を強化して、皮膚の適応能力を強化して、寒い環境に適応します。空気浴、日光浴、マッサージなど、冷たい水の顔を洗い続けることができます。

真相
: 不需要。


事实上,过于频繁地使用各种「深度清洁」产品,同样会破坏正常角质层,对皮肤屏障造成损伤,有可能让你成为脆弱的「敏感肌」。


其实,大部分的健康肌肤是不用祛角质的,因为皮肤角质本身就有更替周期,会自然脱落。


建议


这类「深度清洁」产品仅适合于皮肤粗糙暗沉、角质层比较厚的人。


特别是敏感性肌肤的人,请远离这类产品,不要用。


真相
: 偶尔敷一敷就好。


每天敷面膜,尤其每次敷面膜时间超过 15 分钟,皮肤就容易出现「过度水合」的状态。

これらの部位の防寒保温に注意するべきで、マフラー、手袋、耳套、着て綿


很多人刚开始这么敷会觉得皮肤变得水嫩通透,时间久了就会发现皮肤容易敏感。


建议


面膜不是人人都能用,敏感性皮肤的人建议先咨询皮肤科医生,有些人是不需要、也不适合用面膜的。 出が激しいので、手部、頭、首など。ほかにも寒さ脚やすいので、

一般如果要敷面膜,建议一周 2~3 次,每次不要超过 15 分钟。

友情链接
Copyright © 山西美容护肤价格联盟@2017